東京都の家賃相場

23区内は高い

東京都は日本の中でも特に家賃の高い地域であり、たとえばワンルームの相場は田舎の2倍から高くて3倍というのが普通です。
特にその中でも東京23区内は特に高く、新宿や渋谷、銀座などは高い家賃であり、港区や新宿区などが家賃の高い地域です。

ただ東京23区内でも、都心部から離れると若干安くなり、葛飾区や目黒区、北区などは若干家賃相場は安いと言えます。
日本全国どこでもそうですが、賃貸アパートにしても築40年や50年というボロいアパートとなると、23区に関係なく家賃は大幅に安くなります。
ただ港区などとなると、そのような物件もなかなか無く、比較的築年数の新しい物件が多いので、自然と家賃は高くなります。

東京23区内のアパートの相場は、ワンルームでも安くて6万円台から、高いと10万円を超えるような物件もあり、中には12万円などという物件もあります。

多摩地域が安い

東京内で物件の安い地域を探すならば、多摩地域がおすすめです。都心から新宿、そして八王子方面と、多摩方面に行くほど家賃は安くなります。
その中でも特に安いのが青梅市であり、新宿からは立川で乗り換えて行かなければならず、都心に行くには不便なところですが、自然の多い場所であり、4万円台です。

その他にも多摩地区では、青梅市に隣接している瑞穂町、あきる野市、日野市とこのあたりは4万円台の家賃です。
日野市となると中央線を使うことが出来、立川にも八王子にも近いので、比較的便利な場所でありながら家賃が安いところです。

また町田市も家賃相場は5万円台と安い地域であり、こちらは八王子経由で中央線、さらには直接小田急線が使えますので、横浜方面に行くのに便利な地域です。
駅周辺はデパートが並んでおり、若者も多く、多摩地域にありながらも活気があり便利な町です。

その他に多摩地区としては、八王子や立川があり、こちらは5万円から6万円ぐらいが相場です。
中央線の通る町であり、中央特快も使うことが出来、新宿まで早くて15分から20分ぐらいで到着します。
八王子は横浜方面へもアクセスの良い場所です。

23区内で安い地域

東京23区内となると、家賃相場の安い地域は葛飾区であり、こちらは6万円から7万円です。
これぐらいの相場が23区内での一番安い家賃と見ておくべきでしょう。
次いで隣の江戸川区も同じぐらいの家賃相場であり、ファッションの発信地渋谷区は9万円前後となります。

港区や中央区、千代田区となると家賃相場は11万円を超えるほどとなり、この相場がワンルームなので、さらに2Kや2LDKと広い場所に住もうと思うならば15万円は軽く家賃は超えます。
都心部で暮らすとなると、家賃で10万円を超えることは考えておくべきでしょう。