一人暮らしの注意点

a0001_014950一人暮らしを始める場合、実に様々な注意点が出てきます。
悪気がない行動でも周辺住人に迷惑をかけていたり、知らず知らずのうちに暗黙の了解を
破っていて、周囲の人から白い目で見られていた、なんてことも非常にありがちです。
ここでは、一人暮らしを始めた方がやってしまいがちな失敗を元に、
一人暮らしの注意点をご紹介して行きましょう。

話し声や生活音に気を付ける

単身向けの集合住宅の場合、防音に優れると言われる鉄骨コンクリート作りの建物でさえ、
生活音や人の声というものは部屋の外に漏れてしまいます。
集合住宅に住む以上は、ある程度の人の声や生活音は
「お互いさま」として容認し合うことになっています。
しかし、一人暮らしを始めたばかりの方の場合、
その「お互いさま」で許される範囲を超えてしまいがちです。

例えば、窓辺で窓を開けて長時間電話をするというのは、集合住宅ではNGです。
意外に思われるかもしれませんが、窓を開けての会話というものは、
集合住宅では非常に響きます。
電話の声くらい、と思う方も多いかもしれませんが、
実際に聴く方は非常に耳障りで迷惑なもの。
電話をする際には、窓を閉めるといった気遣いをするのがマナーと言えるでしょう。

また、掃除や洗濯の生活音も聞く人からしてみると「騒音」となります。
早朝や深夜には行わず、常識的な時間帯(8時-20時など)に済ませるように心がけましょう。

ペット可の物件でもなるべく心遣いをもとう

一人暮らしをしてペットを飼う人もいるでしょう。
ペット可のマンションなので、近隣住民もある程度のことはわかったうえでいます。
とはいえ自分も含め相手にされたらいやなことはやらないに限ります。

特にペットのうんちやおしっこなどのしつけ・または後片付けなどが特に大切です。
ペットのうんちをそのまま放置してしまうなどもってのほかなので、きちんとマナーを守って対応しましょう。

またペットを飼う時にやっておくと良いのがペット保険に加入することです。
様々なペット保険がありますが、PS保険では24時間対応している獣医師ダイヤルがあります。
万が一ペットに異変が合ったときに相談ができ安心なのでおすすめです。
参考サイト:ペット保険はPS保険|24時間獣医師ダイヤルが受けられる

問題が起きた際は、必ず不動産会社・管理会社へ

一人暮らしをしていると、実に様々な問題に遭遇します。
急に水漏れがしてきたり、エアコンが壊れたり、
時には騒音被害などで睡眠を阻害され、健康被害を引き起こすことなどもあります。
何か問題に直面した時には、自分ひとりで問題を解決しようとするのではなく、
必ず建物を管理している不動産会社や管理会社に連絡を取るようにしましょう。

例えば、自分で勝手に備品の修理を行ったりすると、
その費用が自己負担になるケースもあります。
また、隣人や上下の部屋の住人の方の生活音が気になる際などに、直接お願いや
注意に行くと逆恨みをされたり、余計に騒音が酷くなるケースなどもあります。
何か問題があった際には、必ず管理会社へ相談を行って、
事態が悪化しないようにすることが重要となってきます。
管理会社は部屋を借りている人間が、快適に生活を行うための環境造りも仕事の内です。
しっかりと状況を説明し、問題解決を依頼するようにしましょう。