荷物はできるだけ減らしておきたい

荷物が少ないと引越しが楽

a0001_015939進学や就職で引越しを行う機会も多く、引越しは誰でもするものです。
引越しをするなら、自分一人で行うのではなく、通常は引越し業者を頼むのが普通でしょう。

その時に荷物の量によっても多少の引越し金額の差が出る場合もあり、当然荷物が少ない方が引越しは楽です。
引越しは体力の使う事なので、出来るだけ荷物は少ない方が良いでしょう。

引越し荷物を少なくするには、今家にある荷物を処分しなければいけません。
そのまま家に置いておくということも難しい場合が多いので、尚更荷物の処分は大切です。

荷物を処分するなら、必要な物と必要じゃない物を分けて、必要ない物は捨てましょう。
もしかしたら使うかもしれないととっておくのではなく、潔く捨てるのです。

売れる物は売る

荷物を整理するにあたって、必要ない物を選んで捨てる前に、まずはそれがまだ使える物なのかどうか見てみましょう。
壊れたりしていなくて使えるなら、売るのも処分する方法です。
リサイクル業者などに売ると、お金にもなり品物を処分も出来て一石二鳥で大変お得です。

特に電化製品などは使える物なら捨てるよりも売った方が良いです。
最近では捨てるだけで処分費用も取られるので、なおさら売った方が良いです。

また家に昔買ったおもちゃやフィギュアなども、飽きてしまってタンスの奥に眠っているような場合もあるのではないでしょうか。
そのような時にも、それらをゴミとして捨てるのではなく、専門の買取業者に売るとよいです。
買取業者は探せば色々あるので、探してみると良いでしょう。

雑貨などは買い取るところは無いと思いますが、衣類や電化製品や玩具などは、状態を確かめてみて、まだまだ使えそうなら買取業者に売るのが良いでしょう。

捨てる物は捨てる

売ることが出来ないような物は捨てるようにしましょう。
何かと思い入れがあったり、もしかしたら引越し先で使うかもしれないと思って、なかなか捨てられないかもしれませんが、そのような場合に限って、結局使わないで、荷物となってしまうことも多いです。

引っ越す段階で、すでに使わないというものは、そのような考え方はしないで潔く捨てて処分しましょう。
後ろ髪を引かれるような思いはきっぱりと断ち切って捨てるのです。

引越しでは、荷物以外にもダンボールやガムテープや新聞紙などの引越しに使う物もゴミとして大量に出てしまいます。
引越し後はそれらがゴミとなってさらに多くの荷物で家の中が溢れるので、引越し前に少しでも荷物は捨てるようにして少なくしましょう。