東京都の家賃相場

東京23区家賃の傾向

東京都は日本の中でも家賃の高い地域です。地方の2~3倍というのはざら。特に東京23区その中でも新宿区、渋谷区、中央区などは特別高い家賃の地域です。
東京23区内のアパートの相場は、ワンルームでも安くて6~7万円台。中には20万円以上という物件もあります。

ただ東京23区内でも、都心部から離れると若干安くなり、葛飾区、目黒区、北区などは安い地域と言えます。

また、築40~50年という古いアパートになると通常家賃は大幅に安くなります。
ただ港区や中央区などは、そのような物件はなかなか無く、比較的築年数の浅いきれいな物件が多いので、自然と家賃は高くなります。

大学生は学生専用の物件がおすすめ

東京大学 学生マンション
画像出典:東京大学学生マンション|学生マンションドットコム

上京してくるタイミングが大学進学であれば、見逃してはいけないのが学生マンションです。学生マンションの特徴といえば、食事つき、管理人常駐や設備の充実など、学生に特化したサービスがあります。さらに家賃の面でも一般の賃貸マンションより安くリーズナブルです。

例えば、かの有名な東京大学に進学する場合、1年生はまず駒場キャンパスに通学することになります。
駒場キャンパスのエリアは目黒区なので家賃はワンルームでも11万円以上は当たり前。
家賃を抑えるには離れたエリアに住む必要があります。しかし、学生マンションであればキャンパスの近くに物件があり、なおかつ家賃も安くなります。

実際に学生マンションを専門に取り扱うサイトで見てみましょう。
探してみるとキャンパスまで徒歩10分圏内で家賃が6~7万円台の物件もあります。

🏠 東京大学(駒場キャンパス)生のための学生マンション|学生マンションドットコム

つづいて、3年生からは文京区の本郷キャンパスに移動します。文京区もワンルームでさえ家賃相場は10万円以上です。
キャンパスから近い学生マンションを探してみると5万円台からあります。

🏠東京大学(本郷キャンパス)生のための学生マンション|学生マンションドットコム

都内の家賃相場の平均から1~3万円以上費用を抑えられることや、家具家電付、食事つき、セキュリテーの面などなど、数々のメリットがある学生マンションは要チェックです。
しかし、学生マンションは人気のためすぐに決まってしまう可能性が高いので、早めにチェックをしておくことをおすすめします。

23区内でも安い地域

東京23区内となると、家賃相場の安い地域はずばり葛飾区であり、こちらは6万円から7万円です。
これぐらいが23区内での一番安い家賃と見ておくべきでしょう。次いで隣の江戸川区も同等の家賃相場です。

西東京多摩地域はねらい目

東京内で物件を探すならば、ちょっと都内から離れますが、多摩地域がおすすめです。都心から新宿→八王子→多摩方面に行くほど家賃は安くなる傾向があります。
その中でも特に割安なのが青梅市。新宿へ行くには立川駅で乗り換えなければならず、都心に行くには少し不便なところです。
しかし、東京都でも自然の多いエリアであり家賃相場は4万円台です。
その他にも多摩地区では、青梅市に隣接している瑞穂町、あきる野市、日野市とこのあたりは4万円台の家賃です。
特に日野市となると中央線が便利で立川駅にも八王子駅にも近いので、比較的便利な場所です。

また、町田市も家賃相場が5万円台と安い地域です。こちらは八王子経由で中央線、さらには小田急線が使えるので横浜方面に行くのにも便利なエリアです。
八王子や立川も家賃相場は5~6万円。中央線の快速を使えば新宿まで15~20分ぐらいで到着します。

 

東京都の家賃相場を紹介してきました。学生で上京する場合はぜひ住みやすく学生のメリットがたくさん使える学生マンションを探してみましょう。
また、都心からは少し離れてしましますが、多摩地区で物件探しをすれば家賃を抑えられるでしょう。